旦那の浮気の証拠をつかむ方法

電話の着信歴やメール内容では、残念ながら裁判では認められません。
では、裁判所で認められる夫(旦那)の浮気の証拠とは!?

ちょっとむずかしい言葉になりますが、
法律で浮気は「不貞」と呼ばれます。

つまり、旦那(夫)に不貞行為があったと認められる内容でないと、
裁判所では証拠として取り上げてくれません。

不貞行為とは「肉体関係」のこと。
つまり、不倫相手と手をつないでラブホテルに入る写真や、
その日の行動が記載された報告書になって、初めて裁判所に証拠として提出できます。

この不倫調査は弁護士はできないため、探偵・興信所に依頼する形となります。
無料相談もあるので、費用や期間の相談をするのが近道となるでしょう。

無料相談だけでも問題ありませんので、安心してください。
HAL探偵社
6,000円からできる浮気調査
フリーダイヤル 0120-110-836