男性と女性では浮気の末路※不倫の代償

男性と女性では浮気する理由が違っている



探偵や興信所に浮気調査をする際にかかる費用は数十万円から場合によっては100万円を超えてくるようなこともありますが、それだけの浮気調査費用をかけて浮気の証拠を掴むことのメリットはないように思うかもしれません。

しかし、浮気や不倫調査をして証拠を掴むことによって真実を知ることができることや浮気相手に対して慰謝料の請求をすることも可能になるので、浮気の証拠を白日の下にさらすことのメリットは高い浮気調査費用を支払ってもメリットがあると言えるでしょう。

ちなみに浮気をすると言えば男性がするイメージが強い人も多いと思いますが、最近は女性が浮気をするケースも非常に増えており、男性が浮気調査の依頼をしてパートナーの女性の浮気の証拠を調べているケースもあります。

男性はどちらかというと子孫をできるだけ残したいという本能的な欲求によって浮気をするケースが多いので、体の関係というドライな関係で浮気をすることができるようになっています。

一方で女性については気持ちがかなり浮気相手に向いていることが多くなっているので浮気調査をして発覚した後も気持ちが元に戻らないことによって夫婦関係が終わってしまうようなこともあります。

ちなみに男性は本能的な行動によることが多いので浮気の証拠が出てくることも少なくないのですが、これが女性になってくると冷静に浮気をしているので浮気の証拠は出てくることは少なく探偵や興信所に依頼しても時間がかかる可能性があります。

男と女の浮気の結果と末路とは


浮気調査に費用をかけて調べてもらって浮気が発覚した場合に慰謝料を請求することや離婚するケースがありますが、もし費用をかけて浮気調査をしなかった場合に浮気をしている人はどのような末路を辿ることになるのかと言うのも気になるところだと思います。

実際に浮気をしている人というのは浮気をしてはいけないということであるという自覚がある場合が多く、パートナーに知られないようにできるだけ証拠を残さないようにするので鈍感な人は証拠が目の前に転がっていても浮気をしていると疑う心すら出てこないことがあります。

浮気の末路として多いのは意外と自然消滅で、特に家庭がある同士の人が浮気をする場合はそれぞれの家庭を壊さないという合意の下で浮気行為が繰り返されていることが多いので離婚して再婚するというところまで話しが進まないのが普通です。

これがどちらかが結婚をしてない状態になってくると浮気相手も略奪婚を狙うようになるので、場合によっては離婚をしてほとぼりが冷めた頃に再婚をすると言う形を取るようなこともあります。

浮気されている側は最後まで何故離婚することになってしまったのかという事実も知らないままに婚姻状態を解消するようなこともありますが、どのような末路が待ち構えていても浮気している人が有利になる離婚にはしたくないものです。

浮気調査にかかる費用は高いものの、浮気の証拠を無事に掴むことができれば、その証拠を基にして慰謝料の請求などをすることが可能になります。
HAL探偵社
6,000円からできる浮気調査
フリーダイヤル 0120-110-836