探偵の1日だけ料金|費用を最安値にする依頼方法※おすすめ探偵


夫(妻)の行動が最近おかしい・・・
浮気・不倫の気配がある・・・・

その真偽を確かめるために利用するのが、
探偵の浮気調査。

1日だけの依頼や、調査を1日のみで切り上げてもOK

浮気調査の費用は安いものではありません。

でも、1日だけの尾行・張り込みで証拠をつかめば、最小限度の費用に抑えれます。

費用が安い探偵は、どこ?




理想的な最安値は6000円

これは最初の1時間で、浮気の証拠がつかめた場合の料金。

業界最安値宣言のハル探偵社・東京探偵社AIは1時間6000円~。

ハル探偵社


HAL探偵社

フリーダイヤル 0120-110-836


ですが、実際に1時間で証拠が見つかるわけがなく、
はやり1日5時間として、6000円✕5時間=3万5000円くらいが最安値となるでしょう。

もし、裁判で浮気相手へ慰謝料の請求や、離婚訴訟をするなら、
裁判所に提出する「報告書」作成が必要。

これは別途費用が必要なので、最安値のハル探偵、東京探偵社AIの1時間6000円~の浮気調査で、「浮気の事実」をつかむ内容となります。

料金を最初限度に安くする、探偵への依頼方法




探偵に1日だけ依頼するデメリットは、
その調査日に浮気がなかった場合(空振りに終わるパターン)

怪しいと思った日程が、実はそうではなかったことは多々あります。

料金を最初限度に安くする、探偵への依頼方法は
1,浮気をする可能性が高い日を調査にぶつける
2,調査する内容範囲をはっきりさせる

浮気をする可能性が高い日をぶつける


探偵は1日だけしか、調査ができません。
そのため事前の無料相談で、浮気する可能性が高いイベントのヒアリングがあります。

たとえば、出張・同窓会・結婚式・深夜残業が発生する日など、
対象相手により多少ちがってきますが、浮気。不倫の可能性が高い日をピックアップしましょう。

調査する内容範囲をはっきりさせる


浮気調査の内容は尾行・張り込み・聞き込みの3つ。

どこまでの内容を調べられるかといえば
・浮気相手は誰か(顔写真を取ることも可能)
・浮気・不倫の事実(不貞行為の有無)
・浮気相手の特定(所在確認)

などですが、一番かんたんなのは「誰と密会しているのか」
これなら難易度は低いです。

ただ前述しましたが、裁判を考えている場合は、
「不貞行為」があった証拠の提出が必要。

これは具体的な「肉体関係があった」と証明できる報告書がいるため、
ここは探偵と契約する前に、必ず調査範囲を決めてください。

なかには密会している相手の特定が目的で、やり直し希望の方もいらっしゃるでしょう。
依頼者の希望により、必要な書証拠が異なってくるので、無料相談で遠慮なく探偵社へ伝えてください。



浮気調査の具体的な内容



まずは浮気相手の特定から始めます。

特定することで調査の幅が広がりますので、
相手の氏名や住所、年齢、結婚をしているかどうか、
仕事内容などの詳細を確認します。

その後は対象者に尾行・張り込みを行い、不貞行為をしていないかどうかを確認し、
不貞行為が行われている場合はその証拠も確保します。

また不貞行為をしたあげく、対象者が家を出てしまうことも。

こうした場合にどこに行ったのかを調べるのも探偵の仕事で、
浮気調査と言ってもこのように調査内容は多岐にわたります。

また調査は相手に知られることなく行われますので、
夫(妻)パートナーの行動に悩まれている方は、探偵の無料相談をおすすめします。
HAL探偵社
6,000円からできる浮気調査
フリーダイヤル 0120-110-836